官公庁・自治体向けの「広域イーサーネット」病院向けの「院内LANシステム」全国に支店を持つ企業向けの「IPセントレックス」というように、情報通信はめまぐるしい進歩を遂げております。
従来のレガシー電話交換機だけでは、お客様を満足させることが出来ず様々なネットワークとの融合により、現代の情報通信は成り立っております。
アナログからデジタルへの移行が騒がれている中、電話交換機は「IP電話交換機」へと変わってきており、十分に通信を行いながらにして大幅なコストダウンを可能としております。
これが、「IPシステム」であります。
IPシステムとは、音声と情報通信の融合を実現したサービスであり、技術的にはIP電話交換機とネットワークサーバとの連動により構築されております。
これらの装置が連動することにより、音声伝達は内線化され通信コストの大幅削減につながっております。
 関越電子情報は、これらのシステムの設計・施工・メンテナンスを主として取り組んでおります。
お客様のニーズにお応えするため、十分な打ち合わせ、調査を行い最良なサービスをご提供できるよう心がけており、現在では、国立・県立病院、ビジネス・リゾートホテル、自治体、一般企業など多くのお客様から評価を頂いております。

取り扱い品目

■IP電話交換機

PBXとは企業などで内線電話同士の接続や、加入者電話網やISDN回線などの公衆回線への接続を行う機器でPBX同士を専用線などで接続すれば広域の内線電話網が構築できる機械です。最近ではPHSやナースコールとの連動も可能になっていて幅広い用途に対応しています。

→詳細情報

■ネットワーク

LAN・WANは今の時代欠かせないものとなっています。 その目的としては、情報の伝達と公開、Mailによる情報伝達ペーパーレス化と情報の漏れをなくす、ホームページによる情報の公開など色々な用途があります。

→詳細情報

■消防通信指令装置

市町村役場と屋外拡声子局や地域の各家庭や事業所等に設置される個別受信機を無線で結び、市町村役場から地域住民に災害・行政情報などを伝達するために使用されております。又、情報を同時又は地区別に一斉通報できるのが特長です。

→詳細情報

■防災行政無線

消防通信指令施設とは従来の有線・無線等の指令設備を最新鋭のコンピュータで統合するこ とで、より高度な情報授受活動を可能にし、住民の安全を確保する中枢にあたるものです。
消防活動は、現代の都市形態の複雑化、高齢化の進展等により日々多様化しております。 円滑な消防活動を行うには、迅速で確実な情報授受作業が大変重要になってきております。 施設導入により119番の受信から情報収集・処理・指令業務まで、迅速・確実にサポート致 します。

→詳細情報